新幹線停車駅がある長岡市は夏も冬も旅行先としておすすめ!

長岡市の位置やアクセスなど

長岡市は新潟県全体の中ではちょうど中央部に位置する自治体です。明治時代に市が発足してから周囲の自治体を次々に編入して面積を広げてきました。もともとはそんなに観光客の多い地域ではありませんでしたが、1982年に上越新幹線が開業して長岡駅が停車駅になってから観光客が激増したという歴史をもちます。今日の繁栄の礎となっている長岡城は現存していませんが、市内には魅力的な場所が多数あるほか有名なイベントが開催されますので、首都圏から長岡旅行をしてみませんか?

8月に開催される花火大会が有名

長岡市内では年間を通じて様々なイベントが開催されますが、全国的な知名度を誇るのが8月初旬に開催される花火大会です。この花火大会は打ち上げ数が全国トップクラスで毎年テレビでの生中継も行われています。当日の昼には人気お笑い芸人によるステージなども楽しめますので、混んでいても問題ならば花火大会の日にあわせて長岡旅行をするのがおすすめです。

長岡市内にもスキー場がある

新潟県内のスキー場の大半は越後湯沢駅周辺エリアに集中しています。しかし、長岡駅周辺にも市営スキー場など幾つかのスキー場が点在していますので、湯沢方面のスキー場に飽きてきたら長岡方面へのスキー旅行を計画するのも良いでしょう。

信濃川沿いにアイドルグループのPV撮影地がある

某国民的アイドルグループが2013年2月に発売したシングル曲のPV(プロモーションビデオ)は信濃川沿いの長岡市水道公園という場所で撮影が行われました。このシングル曲は発売されると大ヒットし、以降は旅行でやってきた沢山の国民が押し寄せる名所となっています。

バイザポートを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です