ツアー旅行に行くなら行っておこう! パッケージプランとフリープラン

パッケージプランのメリットどメリット

旅行に行こうと考えたとき、個人でいろいろと手配するのではなくツアー旅行を申し込む人が多いのではないでしょうか。ツアー旅行は豊富なプランが用意されていますが、その多くはパッケージプランとフリープランに大別できます。その違いを知って最適なプランを選びましょう。パッケージプランは、旅先での行動が細かく決まっているプランで、添乗員が同行して案内してくれます。いわゆる「ツアー旅行」のイメージに近いかもしれません。旅先の観光地を効率よく回れて、添乗員から説明も受けられるのがメリットです。その反面、スケジュールが食事もふくめて決まっているので、駆け足の旅行に感じられるかもしれません。また、団体行動が基本なので、どのような人が参加するかは当日までわかりません。

“ツアー旅行に行くなら行っておこう! パッケージプランとフリープラン” の続きを読む

新幹線停車駅がある長岡市は夏も冬も旅行先としておすすめ!

長岡市の位置やアクセスなど

長岡市は新潟県全体の中ではちょうど中央部に位置する自治体です。明治時代に市が発足してから周囲の自治体を次々に編入して面積を広げてきました。もともとはそんなに観光客の多い地域ではありませんでしたが、1982年に上越新幹線が開業して長岡駅が停車駅になってから観光客が激増したという歴史をもちます。今日の繁栄の礎となっている長岡城は現存していませんが、市内には魅力的な場所が多数あるほか有名なイベントが開催されますので、首都圏から長岡旅行をしてみませんか?

“新幹線停車駅がある長岡市は夏も冬も旅行先としておすすめ!” の続きを読む

首都プラハから足をのばして!ガラスの町を巡ってみよう

ガラスの首都を巡る旅へ

チェコ北部のリベレツ州は、古くからガラス産業が盛んな地域で、現在でも多くの工房がこのエリアでガラスづくりをしています。首都プラハとは異なる風景をみてみたいのなら訪れてみるのもいいでしょう。北ボヘミアの中核を成すリベレツ州は、チェコでは2番目に小さな州ですが、州都リベレツは、19世紀ボヘミアの急速な産業化を支え、首都プラハに次ぐ第2の都市として繁栄しました。主な産業は繊維と金属でしたが、ガラスは、その原材料に恵まれたこともありこの地方の発展を担う一翼だったのです。

チェコにおけるガラスの首都であるノヴィー・ボルの町もこのエリアにあります。プラハで取り扱うモダンなガラスの多くも、この町の工房でつくられているんですよ。町の中心部の広場にあるガラス博物館は、もともとはガラス会社の建物の一部で、その後、リベレツの市庁舎のコレクションを収蔵してミュージアムとなりました。吹きガラス、カットガラス、ペイントガラスなどガラスづくりのテクニックの違いについて歴史的な変遷とともに見学できますよ。

“首都プラハから足をのばして!ガラスの町を巡ってみよう” の続きを読む

青森にある美術館や資料館に訪れよう!新しい発見があるかも!

信仰している宗教が無くても訪れてみたい

世界には多くの宗教があり、日本ではどの宗教を信仰するのも自由です。仏教以外にキリスト教等があり、日本においてもキリスト教に関する施設の他資料などもたくさんあります。青森県にもキリスト教にまつわる観光スポットがあるので訪れてみるといいかも知れません。それはキリストのお墓とされるところで、なぜ日本のこの地にあるのかなど考えながら見学してみましょう。キリスト教を信仰していない人でもパワースポットに興味があるなら訪れる価値はありそうです。お墓の近くには資料館があり、古文書やその地の歴史などを学べるようになっています。資料館にはお土産が購入できるスペースもあり、この地域のお菓子などが購入できます。親子で来た時は民族衣装を着ての記念写真を撮っておきましょう。

“青森にある美術館や資料館に訪れよう!新しい発見があるかも!” の続きを読む

日本にはないポイント満載!海外旅行の魅力とは?

日本と違う文化や風習、景色

海外旅行の大きな魅力は、日本とは全く違う文化や風習、景色を楽しめるところにあります。
国内旅行では自分たちの知っている常識が通用しますが海外では全く通用しないということも多いですし、日本とは異なる建築技術で建てられた建物や街並みは異国情緒あふれるものがほとんどです。そのため自分たちの常識とは全く異なる分野化風習に触れることでカルチャーショックを楽しめますし、日本とは異なる街並みや景色で非日常を満喫することができます。

“日本にはないポイント満載!海外旅行の魅力とは?” の続きを読む

地球屈指の秘境!カナイマ国立公園の絶景を見る!

カナイマ国立公園のここがすごい

カナイマ国立公園は、ベネズエラ、スリナム、ギアナ、ブラジル、ガイアナの5ヵ国にまたがって広がっており、ギアナ高地の中心部に位置します。カナイマ国立公園を少々するのがテーブルマウンテンです。テーブルマウンテンは雨風によって浸食されて、硬い岩盤部分が卓状に残ったものです。
テーブルマウンテンは複数あり、そのなかでも標高2560mのアウヤン・テプイ山には979mの落差がある滝「エンジェル・フォール」があります。この落差は世界一で、滝の水は地面に到達する前に霧と化すのが特徴です。
また、カナイマ国立公園は固有種の宝庫となっています。テーブルマウンテンはほかの土地とは隔離された陸の孤島、ギアナ高地には4000種以上の生物が生息していますが、その75%以上が固有種にあたります。珍しい動物を写真に収めることもできますが、ヤドクガエルなどの毒をもつ生物もいるので注意は必要です。

“地球屈指の秘境!カナイマ国立公園の絶景を見る!” の続きを読む

時を超える輝きを求めて!プラハでガラス三昧の旅を

美術工芸品の殿堂へ!

ヨーロッパ中心部に位置するチェコ共和国を旅するのなら、必ず立ち寄るのが首都プラハです。チェコを代表する工芸の一つでもあるボヘミアンガラスの最先端を見聞きするのなら、やはりプラハでしょう。おすすめスポットは、プラハ国立美術工芸博物館です。かつてユダヤ人の町であったヨゼフォフにある応用美術と工芸、デザインに特化した国立博物館になります。ガラスをはじめとするボヘミアン地域の工芸コレクションは、質、量ともに世界水準になります。ボヘミアンガラス以外にも、テキスタイルやグラフィックアートなど、あらゆる手工芸を一度に見ることが可能ですよ。

“時を超える輝きを求めて!プラハでガラス三昧の旅を” の続きを読む

フィリピンに海外旅行に行く場合の注意点とは

治安はどのようになっているのか

フィリピンといえば、東南アジアの国の中でも海外旅行先では人気が高いところです。日本から近いこともあり、比較的安い金額で行くことができるのがポイントになります。しかしながら、治安がどのようになっているか不安に考える人も多いはずです。そこで、フィリピンの治安を見ていくとまず観光地に関しては特に危険な部分はありません。旅行会社の方も、会社の威信にかかわりますので治安をしっかり調べたうえでツアーを組んでいます。そのため、危険な場所をあえて選ぶことはありません。そのように考えれば、個人旅行で自分の好きなところに行く場合には注意が必要になります。特に、ブランド物のバックだけでなく金額が高そうなアクセサリーなどを着用している場合には注意が必要になります。それらのものは、日本においていった上で旅行すると良いでしょう。また、お金などはあまり人前で見せないことも重要になります。

“フィリピンに海外旅行に行く場合の注意点とは” の続きを読む

沖縄旅行に行くなら知っておきたい穴場スポット

絶景が楽しめる穴場スポット

初めての沖縄旅行では美ら海水族館や首里城など沖縄観光の代表的なスポットを思い浮かべる方も多いと思いますが、穴場のスポットもたくさん存在します。沖縄に行くなら絶景スポットは外せないという人におすすめなのが、「茅打ちバンタ」と呼ばれる観光地です。那覇空港から約2時間半と奥まった場所にあることから、観光客も少なく穴場スポットとなっています。茅打ちバンタは高さが約80mの断崖絶壁と足元が震えてしまうほどの高さになりますが、ひきこまれそうになる深く青い海など見渡す限りの絶景を楽しむことができます。展望台もあるので高い所が苦手という人も安心です。

“沖縄旅行に行くなら知っておきたい穴場スポット” の続きを読む

スキー旅行は面倒!?北海道のスキーリゾートは手軽に行けます!

良質な雪を楽しみたい!スキー旅行は北海道!

北海道は1年の約半分は雪に覆われています。更に低温のため、スキーに適したサラサラのパウダースノーと呼ばれる、良質の雪が降り積もる地域です。北海道各地には、その良質なパウダースノーを楽しめる、多くのスキー場が点在してます。しかし、良質な雪を求めて山奥のスキー場へ行くには、移動だけで数時間も掛ってしまい、スキーを心ゆくまで楽しむことができません。せっかく素晴らしいスキー場へ行ったのに満喫できないなんて損です。そこで是非利用したいのが、北海道にあるスキー場に特化したスキーリゾートです。

“スキー旅行は面倒!?北海道のスキーリゾートは手軽に行けます!” の続きを読む